当院のオプトアウトについて

研究情報の公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。それらを省略する代わりに、研究情報等をホームページなどで通知・公開し研究対象者等が拒否できる機会を保障することを「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている担当者までお知らせください。

研究課題名
急性冠症候群における救急隊の観察、判断および病院選定について






NCD事業について

外科、循環器内科、脳神経外科、心臓血管外科、泌尿器科を受診される患者さんへ

   日本では、多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、『一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)を立ち上げ、データベース事業が行われています。この事業では、日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法などを収集し登録しています(詳細はNCDの“患者さんへ”をご覧下さい)。
   由利組合総合病院では、外科、循環器内科、脳神経外科、心臓血管外科、泌尿器科がこの事業に参加し、当該診療科にて手術・治療を受けられるすべての患者さん(循環器内科は血管内治療の患者さん)を対象として所定の情報をデーターベース登録させていただいております。 ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

お問い合わせ
お問い合わせにつきましては、当院総務課またはNCD事務局までご連絡ください。
由利組合総合病院: 総務課(電話:0184-22-1200)
NCD事務局: http://www.ncd.or.jp/にあるお問い合わせフォームよりお願いいたします。

由利組合総合病院 院長