• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

外来化学療法室

外来化学療法治療を受けられる方へのご案内です。

Consultation - Outpatient

当院の外来化学療法室は平成19年に開設され、現在200件弱/月の方が治療を受けられています。
現在2人に1人ががんに罹患すると言われており、がん患者が増加傾向にあります。
がん治療のひとつである化学療法(抗がん剤治療)は、近年、有効性の高い抗がん剤の開発や、副作用対策の進歩により、入院から外来治療へと移行しています。

  • 外来化学療法室
  • 外来化学療法室

外来化学療法室の場所と設備について

  • 外来化学療法室は4階にあります。
  • ベット10台、リクライニングチェア1台(各ベット、チェアにカード式テレビ設置)
  • 各種パンフレット(緩和ケア、がん相談支援センター、副作用、医療費など)/ウィッグの見本
  • 利用時間:月曜日~金曜日/8:30~17:00

※予約制をとっていますが、外来での診察、化学療法室への入室、薬剤の調製に待ち時間が生じることがありますので、ご了承ください。

スタッフ

がん治療認定医

がん治療認定医 泌尿器科 佐藤 一成
外科 橋本 正治/平宇 健治/折野 公人/佐々木 靖博
消化器内科 渋谷 仁
専任薬剤師 2名
がん薬物療法認定薬剤師1名(がん薬物療法認定薬剤視覚取得中1名)
専任看護師 4名
がん化学療法看護認定看護師取得中1名他、がん看護専門看護師取得中2名

外来化学療法室の特徴

  • 薬の種類・量・投与方法・投与スケジュールは十分なエビデンスをもとに「化学療法部会」で審査、承認 を得たものを実施しています。
  • 化学療法開始時、変更時には必ず医師による説明がなされ、患者さん、ご家族様のご理解と納得のもと に、治療を受けていただいています。
  • 薬剤の調製は専任の薬剤師が安全キャビネットで無菌調製しています。

外来化学療法室の流れ

  • 初めて利用される患者さんには、化学療法室についてオリエンテーションをします。また、患者さんがご自宅で出現する副作用症状に対して、理解され、適切に対応していただけるように、パンフレットを用いて説明します。
  • 前回治療後の体調を確認させていただいたり、ご心配なことを伺い、できるだけ早期に解決できるよう一緒に考えさせていただきます。必要時、がん相談支援センターや緩和ケアチーム、医療ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師らと連携をとり対応をします。
  • 化学療法中は看護師が常に側にいて確認、観察を行いますのでリラックスしてお休みください。また、飲食も自由です。特に治療が数時間に及ぶ場合は、準備をお勧めします。

化学療法室の方針

  • 患者さんが、安全・安楽に治療を受けられるよう、確認の徹底、環境の整備に努めます。
  • 患者さんが、治療を受けながら、自分らしく日常生活が送られるように、いろいろな場面で、チームを組 んで支援をします。